女の人

業務効率が上がるクラウド型のファイルサーバやデータセンター

プロに任せる

HDD

外付けhddで起こるhdd認識しない状態は、素人が修理をするよりもプロに任せた方が安心です。物理障害や倫理障害など専門スキルが必要な修理になるので、すぐに業者へ連絡して状態を確認してもらいましょう。

詳しく読む

完全成果報酬がお得

PC

突然起こるデータの紛失を助けてくれるデータ復旧サービスは、完全成果報酬制を選ぶといいでしょう。ファイルやデータが復元できれければ無料、できれば有料という合理的なシステムなので無駄な費用を支払う必要がありません。

詳しく読む

共有に便利

システム

業務を円滑に進めるには、今やパソコンでの処理が欠かせません。しかし、膨大なデータを自社のサーバ上だけで管理していると、容量がオーバーして動きが鈍くなるでしょう。こうなると、5分で終わる作業も倍以上かかってしまい、一向に作業の効率化に繋がりません。この問題を解決してくれるのが、クラウド型のファイルサーバサービスで容量を増設しながら円滑にファイルの送受信が行なえます。クラウド型のファイルサーバサービスは、とにかくコスパがいいことで魅力。容量1GBあたりで申し込むことができるので、必要な分だけ契約することができます。また、操作が簡単なので社内で共有を行なう際も使い勝手がいいでしょう。データの整理整頓にも役立つので、業務スピードが飛躍的に上がります。

クラウド型のファイルサーバサービスは、安全性の観点でも優れています。第三者機関である業者に大事なデータを預けるのは、抵抗感があるかもしれません。しかし、実際に使ってみると、自社のサーバよりセキュリティ体制はしっかりしているので、情報管理体制も安全な状態にできるでしょう。
特にアクセスは、社内のネットワークのみに限定することができるので、不正アクセスを防止することができます。しかし、ネットワーク自体を限定しておけば、社内のパソコンや社員のスマホなどでファイルの共有ができるので、使い勝手がいいわけです。こうしたサービスは低コストで利用できるものが多いので、業務の見直しをする際に利用してみましょう。

安全なデータの取り扱い

オフィス

安全な情報の送受信が実現するデータセンターは、法人にとって役立つサービスのひとつです。特にコロケーション形態は、自由度が高く高スペックであることから、あらゆる業種での運用が可能です。

詳しく読む